週末起業ゼミナール

週末起業家が気軽に集まり、学び、交流できる場

週末起業家の気軽な学びの場、それが「週末起業ゼミナール」です。週末起業の成功には「情報収集」「ノウハウ習得」が欠かせません。それには、すでに成功した起業家の話を聞くのが一番です。

また「志をともにした人同士の交流」が大切です。理由は、

・週末起業家は、孤独・・。 いつでも話せる「仲間」が必要!
・週末起業家は、忙しい! でも「ビジネスパートナー」がいれば、楽になる!
・週末起業家は、お客さんが欲しい! でも仲間なら「お試しで買ってくれる」!
・週末起業家は、仲間。 だから、「おススメしてくれる」!

このような理由から「週末起業家同士が交流する」ことが大切です。

そこで当実践会がご用意するのが「週末起業ゼミナール」です。会員や、その中から、すでに成功されている方をお招きして、お話を伺います。新しいスキルや気づき、そして交流を得る場として最適です。

会員は参加無料ですから、定期的にご参加いただくことで、無理なくモチベーションを保つことができます。「まだ入会したばかり・・」「週末起業をよく知りたい」という人でも歓迎です。多くの先輩達が集まる場所に参加すれば、それだけで大きな刺激となり、新しい行動のきっかけになります。

なお、遠隔地にお住まいの方、ご多忙な方もご安心ください。イベントは会員限定でUSTREAM配信されます。会員限定メルマガ(Side-B)にご注目ください。



次回以降のスケジュール 関西地区会場はこちら中部地区会場はこちら

あなたの部屋のゴミの山が宝石箱になる!メルカリ副業セミナー

概要

家にある不用品を全てお金に変え断捨リッチになろう!

副業が初めての方、今まで副業で失敗した方も確実に第一歩が踏み出せます。

1億以上のダウンロードがされ、今や日本人の誰もが知っている。

フリマアプリ「メルカリ」
これら利用して週末起業の第一歩を踏み出しましょう!

今まで使わないから断捨離していた。衣服、電化製品、小物などなど・・・。

メルカリを使えば片手間でお金に変えることができます。

転売ビジネスの第一歩はまず自分の身の回り物を売ることです。

手軽にそして確実に収益を得て、物販ビジネスのはじめの一歩を踏み出しましょう!

テーマ
あなたの部屋のゴミの山が宝石箱になる!メルカリ副業セミナー

日時
2019/09/25(水)19:30~21:00

会場

ちよだプラットフォームスクウェア 5階 会議室503
東京都千代田区神田錦町3‐21
(東京メトロ東西線竹橋駅 3b出口徒歩2分) [地図]
  TEL: 03-3233-1511

費用

一般価格 3240円(税込)
会員価格 無料


これまでのゼミナールの開催内容 開催地区会場はこちら中部地区会場はこちら

日程会場テーマ
2019/08/28(水)東京
週末起業ビジネスを加速する協業成功のノウハウ
2019/07/31(水)東京
大人の週末起業!
2019/06/24(月)東京
売り込まないで売る!コーチ・コンサル向け営業術
2019/05/22(水)東京
ビジネス英語を副業で教える 英語パーソナルトレーナー開業のススメ
2019/04/24(水)東京
起業ネタを評価する6つのポイント
2019/03/27(水)東京
セミナーで週末起業!コンテンツの作り方と集客のノウハウ
2019/02/27(水)東京
セルフブランディングで無理なく反応率、申し込みを上げる3つのコツ
2019/01/23(水)東京
ケーススタディで学ぶ週末起業家の計数管理術
2018/12/26(水)東京
ブログ・Facebookを使って安定して収入を得るためのワンデーセミナー
2018/11/28(水)東京
自分のリソースを生かして起業アイデアを生み出す!

週末起業ゼミナール」をあなたの週末起業に活かすアドバイス


  • 構えずに、気軽に参加すること
    参加者は全員「週末起業」の実践者、希望者です。多くの人が、あなたと同じ目的で、この場に集まっていますので、安心してご参加ください。

  • 自分の意思、考えを積極的にオープンにすること
    あなたの力になりたくても、あなた自らが考えや取組みの状況を話していただけなければ、適切なアドバイスやアイデアはもらえません。どんな些細なことでも、恥ずかしがらずにオープンにすれば、その勇気に対して、全員が自分ごとのように知恵を絞ってくれます。自分自身の向上のために、積極的にオープンにしていきましょう。

  • モチベーションの「ペースメーカー」にすること
    原則、毎月1回開催する「週末起業ゼミナール」を、最大活用するには、連続で参加することです。起業成功への課題は、どんな段階になっても途切れることはありません。ご自身の成長の確認と、新たな課題の解決のために、継続的に参加することをおススメします。