週末起業フォーラム

  • Home
  • > 週末起業を知る

週末起業家と交流したい!

週末起業は、あなたの夢を実現します

会社を辞めず、お金をかけない目からウロコの起業法、それが「週末起業」です。


こんにちは、週末起業フォーラム代表の新井 一です。「週末起業」の生みの親である藤井孝一より、2012年7月に代表を引き継ぎました。何卒よろしくお願い申し上げます。

会社を辞めず、給与という安定継続収入を確保しながら、

・副収入を確保し、
・キャリアのリスク分散をし、
・起業願望を充足する

それが週末起業です。その結果として、

・将来の不安が解消され、
・経済的、時間的な自由を手に入れ、
・自立した、社会に貢献できる人になれる、

それが週末起業の醍醐味です。

もちろんそれだけではなく、

・共に目標に向けて進む仲間、
・家庭、会社以外の第三の居場所、
・ゆとりある心と充実した毎日、

も手に入れることができます。

自分のビジネスを、「会社にいながら」始めることで、リスクを最小限に抑えながらビジネスを始めることができます。また、会社の仕事以外にも仕事を持つことで「充実した週末を過ごしたい」という願望にもこたえます。

会社にいながら働くと言っても、アルバイトのように、誰かに雇われるわけではありません。仕事が終わった後に、また仕事。。。そんな大変な生活をしようということではありません。私たちが提唱しているのは「起業家」になることです。「週末労働者」になることではありません。会社員でありながら会社を経営する生き方を選択してもよし、ビジネスを軌道にのせたら独立開業することを目標にしてもよし、キャリアを選ぶ自由を持つことが、週末起業の本質なのです。

元々、会社に居ながら起業する人はたくさんいましたが、発起人である藤井孝一が、『週末起業』(筑摩書房)で提唱したことで、このスタイルが広く認知されるようになりました。 実際、週末起業している人は、サラリーマンのかたわら、週末や平日の夜に、次のような仕事をしています。

  • Web制作の代行
  • 通信教材などの配送代行
  • DVDの撮影代行
  • オリジナルの英語の教材を作成し、販売
  • 鉄道模型を仕入れて販売
  • 夜景の評論家
  • 化学の分野に特化した英字翻訳
  • コーチング
  • 手作りせっけんの製造・販売
  • 手作り屋台でたいやきの販売
  • パーソナルトレーナー
  • 週末だけ開店する雑貨屋
  • 週末だけ開店する古本屋
  • バーベキューの出張調理代行
  • ラーメン店のオーナー
  • 焼き鳥屋のオーナー
  • バーのオーナー
  • お墓参り代行
  • 文房具コンサルタント
  • 資格試験対策の教材製作・販売
  • アマチュアテニスのトーナメント主催  
  • 人事コンサルタント
  • 営業コンサルタント
  • 貿易コンサルタント
  • 人材派遣サイトの運営
  • 家庭菜園アプリ開発
  • セイロン紅茶の通信販売
  • 地域活性化ポータルサイト運営
  • 経営コンサルタント


ほんの一例をあげただけでも、ざっとこれだけいます。週末起業をしている人は、その事実を語りませんので、あまり表に出てきませんが、週末起業家はあなたが思っているより、ずっとたくさんいます。何を隠そう、私自身が新卒時以来の「現役週末起業家」であり、そのノウハウを日々使い事業を行い、本業(週末起業フォーラム)で会員の皆さまに、その体験をシェアしています。もちろん、発起人である藤井も、サラリーマン時代に週末起業で経営コンサルタントをし、二年後に独立を果たしています。

会員の皆さんは、 「好きなこと」「できること」「得意なこと」「チャレンジしたいこと」「事情があって仕事にできなかったこと」を、ビジネスにしています。夢を語り、皆で協力し合い、それを追っています。

週末起業の世界をごらんになったことのない方々の多くは、 「一部の、特別な技術がある人だけができるのではないのか」、「自分は得意なことなどないし」、という疑問を持たれることがあります。ですが、それは違います。私たちの実態調査によると、当会員およそ2000名のうち「週末起業を始めている」という人が半分。1割が月商50万円を越えています。まだ初めていない半分の人が、経験者から学び、サポートを受けながら、次々とビジネスを立ち上げていきます。

実践しているのは、あなたと同じ、会社勤めのビジネスパーソンです。彼らにできるのですから、あなたにできない理由はありません。ぜひ、トライしてみてください。

なお、私たち週末起業フォーラムは、いつかは「週末起業をしたい」と考える方のお手伝いをする団体です。会員になると、私たちプロコンサルタントに相談したり、最新の情報を得たり、会員限定の安全な場で交流していただいたりすることができます。

ご興味のある方は、詳細をこちら週末起業フォーラムとはをご参照ください。

週末起業よくある質問と回答

「週末起業」について、よくある質問とその回答を集めてみました。

  1. 1.週末起業って何?
  2. 2.週末起業家はたくさんいると言うが、俺は知らないぞ!
  3. 3.週末起業って具体的にどんな事をしているの?
  4. 4.週末起業は「副業」じゃないの?
  5. 5.なぜ会社を辞めないの?
  6. 6.忙しくて、それどころじゃない!
  7. 7.なぜ、小資本ではじめるの?
  8. 8.なぜ、インターネットを使うの?
  9. 9.私の会社は「就業規則」で副業を禁止しているが・・・
  10. 10.最後に週末起業はビジネスマンのキャリア革命だ!
  11. 11.週末起業フォーラムとは?

1.「週末起業」って何?

会社を辞めずに、小資本で、インターネットを使って起業するそれが「週末起業」です。こうして"リスク"を最低限に抑えつつ、副収入を確保(収入源の複数化)し、勤務先からの自立(キャリアのリスク分散)をし、起業願望を充足することをを目指します。この言葉は造語です。私どものコンサルタント、藤井が自著「『週末起業』これで私もお金もちかも」という書籍のタイトルとして使ったのが始まりです。私どもの呼びかけもあり、最近「週末起業家」が確実に増えています。この世に1人や2人の話ではありません。

2.「たくさんいると言うが俺は知らないぞ!」

    そう思う方は多いでしょう。それもそのはずです。彼らは自分のビジネスを会社に知られることを嫌い、人前に登場しないからです。そのため、そのすばらしさも、ノウハウもあまり広まりませんん。 でも、「会社を辞めずに起業する」というコンセプトを知ったサラリーマンは、まさに「目からウロコ」で、確実に支持する人、実践する人が増えています。マスコミからの注目も浴び、多数の取材を受けています。これまでのマスコミ掲載実績はこちらをご覧ください。

3.具体的にどんなことをしているの?

    たとえば、会社に在籍しながら、インターネットで「モノを売る」「コンサルタントをする」「ニュースやコラムを書く」「仕事の仲介・斡旋をする」といったことをしています。ほとんどの皆さんは、普段9時から5時まで会社に勤務し、時には残業もこなす、ごく普通のサラリーマンです。ただ一つの違いは「サラリーマンの仕事以外に自分の事業を持っている」ことです。しかも、多くの方は"自分が本当にやりたいこと"を実現しています。簡単ではありませんが、不可能でもありません。ちょっとしたアイデアでビジネスをはじめ、大きくしていくことができます。

4.「週末起業」は「アルバイト」じゃないの?

    違います。「週末起業」は会社への依存から脱却し、会社に頼らず生活できる規模のビジネスをはじめてしまうことです。確かに、週末の空いた時間を使って、翻訳、塾講師など、趣味と実益を兼ねた「アルバイト」をするサラリーマンは、以前からいました。しかしこれは「起業」ではありません。なぜなら"人に使われていることに変わりがない"からです。結局、仕事の出所が一箇所増えただけの「週末サラリーマン」です。そして「週末起業」は、収入もケタ違いです。多くの週末起業家は、なんと本業と同じ金額を稼いでいます。

5.なぜ会社を辞めないの?

    会社を辞めることは、すでに手にしている安定収入を手放し、借金を抱えてゼロからスタートすることです。失敗すれば一家で路頭に迷う恐れがあります。一方、最近少しあやしくなりましたが「会社勤め」は居心地のいいものです。とりあえず毎月給料がもらえます。ならば、会社から収入を得ながら「起業」しましょう。こうすれば万一失敗しても収入を絶たれることはありません。第一すぐ始められます。

6.忙しくて、それどころじゃない!

    そうでしょうか?サラリーマンには、意外と会社に拘束されない時間があります。例えば、週休2日の会社なら一年間100日以上、祝日や有給休暇が20日、年間365日のうち3分の1が休日じゃないですか。これに加え、毎日数時間、自由な時間があります。例えば朝1時間早く起きるとか。これだけあれば、できることはいろいろあります。もちろん会社によって異なりますが、少なくとも資格の勉強をしている人は、これぐらい勉強しているはずです。

7.なぜ、小資本ではじめるの?

多くのサラリーマンにとって自由になるお金は限られています。すでに住宅ローンなどの借金を抱えている人もいます。新たに借金することは難しいでしょう。貯めようとしても、おそらく定年まで貯まらないでしょう。ならば「お金をかけず」に、今ある資金でできうることに限って始めればいいのです。これならすぐできます。また借金を背負って人生を棒に振るリスクも軽減できます。

8.なぜインターネットを使うの?

    「会社を辞めず」かつ「お金をかけず」に始めるという、都合の良いやりかたで起業するには、インターネットの力が必要です。なぜなら「週末起業」では、お客さんやパートナーとの「出会い」「コミュニケーション」に時間とお金をかけられないからです。また、勤務時間中のやり取りには限界があります。しかしネットを駆使すれば、お客さんやパートナーとの「出会い」「コミュニケーション」に要するお金や時間が節約できます。これにより「会社にいながら」ビジネスを始めることが可能になるのです。ですが、ネットに捉われる必要はありません。別に、ネットビジネスをしようというわけではないのです。あくまでも、ツールとして活用することで、週末起業を加速させることができるのです。

9.私の会社は「就業規則」で副業を禁止しているが...

    本来、サラリーマンは勤務時間を会社に提供して給料をもらいます。ですから、それ以外の時間を会社が拘束するのは間違っています。法律の専門家もこの禁止規定は違憲という見解です。もちろん、勤務時間中に内職したり、疲れが仕事に影響したり、会社の機密を利用したりというのはだめですが、そうでない限り、勤務時間外に仕事をして、仮に会社に訴えられても、裁判になれば従業員が勝てる可能性大です。会社と交渉して容認を勝ち取った人もいます。

10・週末起業は、ビジネスパーソンの「キャリア革命」

    これまで、ビジネスマンの人生は、仮に今の仕事にやりがい、生きがいが見出せない、将来性を見出せない場合、あとは「リスクを背負って会社を飛び出す」か「あきらめて退職までしぶしぶ会社に残るか」の2つしか選択肢がありませんでした。しかし、これからは「会社にいながら始め、軌道に乗ったら辞める」という第3の選択肢ができました。そういう意味で「週末起業」は、ビジネスマンの「キャリア革命」と言えそうです。

11.「週末起業フォーラム」って何?

週末起業を応援する目的で設立された、世界でただ一つの団体です。「週末起業」に関する情報と交流の場を提供します。まずは会員になっていただきます。するとコンサルタントにeメール相談をしたり、毎月会報誌(24ページ・PDF)を読むことができます。何より、満足保証が付いていますから、入会から90日の間に解約すれば、入会金も年会費もすべてお返しします。あなたにリスクはありません(一度退会された後の再入会時には適用されません)。リスクがないことに悩むのは時間の無駄です。すぐにご参加ください。

詳しくは、こちらをご覧ください。