週末起業コラム

ここへ行けば、週末起業家の実物に会える!

(登場人物:◆ネタ泉湧夫隊長、◇二足ハジメ隊員)

◆◆◆ 今号のポイント ◆◆◆


週末起業への取り組みは、自由がある分、自己管理することが重要になります。
成否はまず、それにかかっているとさえ、言えるでしょう。

実際にどのようにしているのかを知るには、週末起業家の実物に会ってみることが一番です。

(前号までのあらすじ)


週末起業により、副収入以外に得られるものを考えてみるように説くネタ泉隊長。
ハジメ隊員は、「自立感」や、上司のいない「自由さ」といったものを挙げる。

ここへ行けば、週末起業家の実物に会える!


◆週末起業における「自由さ」はよいが、叱ってくれる上司がいないことで、寂しい思いもするかも知らんぞ。

◇え? そんなもんですか?

◆よいか、ハジメ隊員、起業も週末起業も、自分の采配でビジネスを行なう立場というのは、孤独なものじゃ。

◇なるほど。

◆ミスをして上司に叱られることはないが、ミスを事前に指摘してくれる人もいない。

◇すべては自己責任ですね。でも、ミスをして上司に叱られなくても、お客さんに叱られますよね?

◆いわゆる、クレームじゃのう。クレームを言ってくれるお客さんは、むしろありがたいぞ。多くの場合、何も言わずに去ってしまうものじゃ。

◇恐ろしいことです・・・。

◆それにな、怠けていても、上司に叱られない。

◇誰にも気兼ねしないで怠けることができるのは、それはある意味、嬉しいことですが、起業家となると、それはマズいですね。

◆そういうことじゃ。怠けていれば、必ずその報いを受ける。

◇サラリーマンでも、普通は、上司に叱られるという報いを受けますけど?

◆起業家が怠けた場合、その報いを受けるまでに、時間がかかる。気がつけば、取り返しのつかないことに・・ということすらある。

◇恐ろしいことです!

◆まぁ、もっとも、昨今の経済環境では、起業家ではないサラリーマンでも、怠けることによる報いは、上司に叱られるだけでは済まんこともあるじゃろうがのう。

◇厳しい世の中です、はい。

◆要はじゃな、起業をすれば、管理をしてくれる上司がいないのじゃから、自分で自分をしっかりと管理しなければならん、ということじゃよ。

◇それはそれで、一番厳しいことかも知れませんね。

◆そのとおりじゃよ。

◇それでも、歯を食いしばって頑張らなくてはならないのでしょうか?

◆まぁ、そういうことじゃと言いたいところじゃが、現実に頑張っている週末起業家は、もっと楽しそうじゃぞ。

◇え、本当ですか? というか、やっぱり楽しくないと、頑張れないですよね?

◆彼らにしてみれば、好きなことを楽しむわけじゃから、休日に早起きしてゴルフに出かけたり、徹夜で麻雀するくらいの感覚かも知れん。

◇なるほど。週末起業で成功している人に、実際に会ってみたくなりました!

◆そうじゃろう? ならば、まずは週末起業セミナーを始めとする週末起業フォーラムのイベントに参加してみることじゃな。講師は全員、現役の週末起業家か週末起業を経て独立した起業家たちじゃ。

※週末起業セミナー
  → http://www.shumatsu.net/school/seminar.html

※その他のイベント
  → http://www.shumatsu.net/communication/event.html

※週末起業家の成功事例集をプレゼント中!
https://mt3004.secure.jp/~mt3004005/weekend/free_report.html

(次号につづく)