週末起業コラム

自己紹介では、自分が相手の役に立つことをアピールせよ!

(登場人物:◆ネタ泉湧夫隊長、◇二足ハジメ隊員)

◆◆◆ 今号のポイント ◆◆◆


自己紹介は、簡単なようで、意外と奥深いものですね。
いろいろと工夫の余地があるはずです。

ポイントは、聞いてくれる相手に、どのように自分がお役に立てるかを理解してもらうことです。

(前号までのあらすじ)


「商品を売る前に自分自身を売れ」という言葉の意味を考える探検隊。
まずは自分のことをきちんと憶えてもらえるような、"理想"の自己紹介を考えてみる。

"理想"の自己紹介をイメージしてみよ!


◇「自分のことをきちんと憶えてもらう」ような自己紹介となると、まずは名前をハッキリと、わかりやすく言うことですね。

◆ふむふむ、当然のことではあるが、テキトーな自己紹介だと、肝心の名前の部分が早口すぎて、わからんことがあるのう。

◇えぇ、併せて、どんな漢字で書くのかも説明すると、よりわかりやすいですね。

◆確かにそうじゃ。それだけ記憶に残る可能性が、高いのう。

◇あと、名前の由来と絡めて出身地とか、先祖に偉い戦国武将がいるとか。

◆ほう、念入りじゃのう。

◇考えてみれば、自分の名前をどのように伝えるかでも、いろいろと工夫ができますね。ついでに、学生時代のアダ名なんかも言ってみたりして。

◆そこは、笑いをとるべき場面じゃのう。名前の紹介で時間をかけ過ぎるのもいかんとは思うが、いろいろと工夫するのは大切なことじゃ。

◇はい!

◆で、他には?

◇名前の他ですか? とりあえず、名前を憶えてもらえばいいんじゃないですか?

◆名前は憶えてもらいたいが、それだけでは自分自身を売っていることにはならんぞ。

◇起業家として自分自身を売るとなると、経歴とか実績とかですかね?

◆それもあるが、あんまり自慢話になると、どんなもんかのう?

◇でも、「自分はこんなスゴいことをしました!」と自己紹介すれば、インパクトもありますし、憶えてもらうには、いいんじゃないですかね?

◆憶えてもらって、その次はどうなったらよいのかのう?

◇え? その次、ですか? う~ん、起業家だから、何か買ってもらえればいいんですかねぇ?

◆商品を売る前に自分自身を売れ、といったはずじゃぞ。いきなり商品を売ってしまうのか?

◇そ、そうでした。・・・となると、自分自身を売るとは、どういうことなんでしょうか? またわからなくなってきました。「スゴいことをしました!」と話すのは、自慢話かも知れませんけど、自分自身を売ることにはならないんですか?

◆よいか、ハジメ隊員。人がモノやサービスを買うのは、それが自分に役立つと思うからじゃ。そのために商品やサービスを売り込む。

◇・・・そうか! となると、自分自身を売るとなると、自分自身が相手の役に立つということをアピールできればいいんですね!

◆そういうことじゃ。自慢話を聞かされても、自分の役に立つかどうかと関係なかったら、関心を示してもらえんぞ。つまりじゃな・・・

(次号につづく)

※「自己紹介を準備して参加しよう!」交流イベントのご案内

・週末起業勉強会【文章編】
【東 京】2016年12月17日(土)朝9:15~10:45

ブログで「何について書くか」と「どのように書くか」について、練習問題を解きながら勉強していきます。
https://www.facebook.com/events/287358901659005/

・成功へ向けてのハードルを越える!『週末起業 名古屋決起交流会』
【名古屋】2016年12月17日(土) 13:30~16:45
https://mt3004.secure.jp/~mt3004005/schedule/n_winter2016.html