週末起業コラム

成功のポイントは労働集約型からの脱却!
高原真由美氏(たかはら まゆみ)氏(その4)

「起業家登場!」現役起業家への突撃インタビュー


起業家として活躍する先輩達へインタビューを敢行!
彼(女)らのロールモデルから学びを深めてください。(〇聞き手 ●起業家)

前回のあらまし


夫が交通事故に遭い2年間の自宅療養を余儀なくされた高原さん。
将来設計を考え、収入アップのために起業を決意しました。

まず始めたのはインテリアコーチング。ブログから集客し、お客様の部屋の写真にアドバイスするというサービスを提供しました。

しかし、本業の会社員の仕事や子育てとの両立が難しく、このサービスは半年ほどで止めてしまいました。

高原真由美氏(たかはら まゆみ)氏(その4) 一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会代表理事


■成功のポイントは労働集約型からの脱却!

○それで次のビジネスはどのような?

●次にポータルサイト起業のセミナーに参加して、それで片づけや収納のポータルサイトを作ったら良いと考えました。今のビジネスパートナーと出会ったのもこの時期です。

※ポータルサイト起業実践講座
 → http://www.shumatsu.net/school/portalsite.html

この時から、セミナーに出るだけではなく、自分のサービスに結びつけられる集客方法を考えるようになりました。

そこでわかったことは、インテリアのアドバイスより、片づけや整理のお手伝いをする仕事の方が需要があったということですね。

1時間あたり5000円くらいで6時間くらい片づけのお手伝いをするので、1回のお手伝いで3万円くらいです。

私だけだと終わらないので、パートナーと一緒に仕事をすることもありました。単価は倍になるので毎月20万円とか30万円の収入になりました。

しかし、同時にその仕事も労働集約型の仕事で、これはこれでお金にはなるけれども、会社員と比べると、この仕事で起業することはちょっとできないなと思いました。

しかし、市場のニーズも高いし、どうするべきかと悩んでもいて、そこで自分と同じような人を増やしていけば、お客さんも喜んでくれるのではないかと思いました。

そこで協会を作ってそういう人たちをサポートするビジネスをすればいいのではないかという考えに思い至ったのです。


■ライフオーガナイザー協会とは?

○そして、協会設立という流れになるということですが、その日本ライフオーガナイザー協会がどのような組織なのかについて教えてください。

●はい。2008年12月1日に設立した一般社団法人です。

"ライフオーガナイザー"という職業を日本で確立することを目的に設立し、資格の認定事業を行っています。

2015年現在で、設立してから丸7年が経ちますが、これまでの資格取得講座の受講者が1、2級あわせて約7500人になり、一般向けの講座は1万人以上の方に受講いただいています。

会員数は1000名あまりにのぼり、なかには専業主婦から4~5年の活動で、今ではご主人より収入が増えてきているという方もいます。

オーガナイザーの仕事だけで経済的に自立している人というのはまだまだ少ないんですけれども、この仕事で経済的に自立できる人を増やすように頑張っています。

○会員は、やはり主婦の方が多いのでしょうか?

●そうですね。女性が98%、男性が2%、既婚率は85%で特に女性の既婚率が高くなっています。なかでも子どもがいるという女性が8割弱と、圧倒的に多くなっています。

年齢でいうと40代が一番多いですね。30代、40代、50代が多いので、平均年齢でいうと45歳くらいですね。

専業主婦だった方も多いですし、私のようにワーキングマザーで会社を辞めてという人もいます。それまでの仕事にプラスしてという方もいますね。

私自身もそうでしたが、片づけが得意というよりは、むしろ自分自身が苦手でできなかったので、プロの考え方や知識、技術を学んで克服して、自分と同じように苦手な人を助けたいという人がライフオーガナイザー協会には多いんですよ。

○片づけられない人の気持ちがよくわかるからこそ、ライフオーガナイザーとしての力が発揮できるということになりますか。

●そうですね。

(次号へ続く)

※高原さんをはじめ、多数の週末起業成功事例を収録した成功事例集をプレゼント中!
https://www.shumatsu.net/weekend/free_report.html