週末起業コラム

週末起業、会社を辞めたタイミングは?
綾部貴淑(あやべ きよし)氏(その5)

「起業家登場!」現役起業家への突撃インタビュー


起業家として活躍する先輩達へインタビューを敢行!
彼(女)らのロールモデルから学びを深めてください。(〇聞き手 ●起業家)

前回のあらまし


資格取得を目指すビジネスマン向けの完全スマートフォン対応オンライン資格講座「通勤講座」を開発した、綾部さん。

2009年に週末起業家大賞を受賞したことが後押しとなり、会社を退職。現実的な問題として、商品である講座の準備をするには「二足のわらじ」では圧倒的に時間が足りず倒れる寸前だったという状況でもありました。

とにかく最後まで完遂するという強い決意で起業一本に絞ったそうです。

綾部貴淑(あやべ きよし)氏(その5) KIYOラーニング株式会社代表


■キャリア開発のためのプラットフォームでありたい

○最初はウィークリーマンションから始まったというのはとても想像できない規模になったようですね。住所も南青山に移転されて、かなり起業家として成功されている感じがします。

今、順風満帆な綾部さんだと思いますが、今後、こんなことをやりたいなどという夢はあるのでしょうか?

●今の会社は資格取得希望者に向けた教育を中心にやっているのですが、単に資格の勉強をする講座を提供するだけではなくて、人それぞれのキャリアを開発していくためのプラットフォームをつくっていきたいなと思います。

たとえば、中小企業診断士の資格を取得する人はコンサルタントとして将来独立したいと思っている人も多いと思いますが、そういう人のキャリア目標に対して、まずは私の会社で中小企業診断士の資格取得を講座で後押しします。

ただ、そこで終わらせることなく、資格を取った後にコンサルタントになるための営業やマーケティングの手法を学びたいといった実務教育の需要に応えたいとも思っています。

そうした支援ができるような講座をコンテンツとして揃えていきたいと思います。

○確かに資格を取るのはすごく大事なことだと思いますが、資格を取っただけでは、お客様に来てもらえなかったり、実際にお客様の問題解決ができるようなノウハウがなかったりといった問題がありますね。

その能力開発までスマートフォンでできるようなイメージでしょうか?

●そうですね。もしかすると将来、スマートフォンだけではなくて、ウェアラブル(身につけて持ち歩ける)機器にもとって代わられる可能性もあるかもしれません。

たとえば、まだ実用化はなされていないものの、メガネ型のIT機器であるグーグルグラスというものも開発されています。

それを使えるようになれば、勉強をする時間が取れない人にいつでもどこでもスキルアップできるチャンスを提供できたり、あるいは同じ目的を共有する仲間たちと繋がれるような場をオンライン中心につくっていけたりするんじゃないかと思います。

○デバイス(機器)は時代に合わせて、ビジネスパーソンのキャリア開発という一つのコンテンツを提供していくということでしょうか?

●そうですね。コンテンツもそうですが、やはり、たとえば先述のような、独立したいといったときに独立支援をしてあげられるサービスなどを考えています。これはアンテレクトさんも得意とされているところだと思います。

または転職支援というのも考えています。転職支援に関する専門知識やノウハウをもった企業や団体とタッグを組んで、オンライン講座というプラットフォームの上にいろいろなサービスを載せていくようなイメージを考えています。

いろいろ可能性はあるのですが、模索中というところです。

○もともとは、iPodでなさっていたことで果敢にリスクをとり、社長になってからも、時代の変化に合わせて会社を変化させていかれるのではないかなと想像しています。

●週末起業家大賞受賞者として、アンテレクトさんの名前を汚さないように頑張りたいと思います。

(次号へ続く)

※綾部さんをはじめ、多数の週末起業成功事例を収録した成功事例集をプレゼント中!
https://mt3004.secure.jp/~mt3004005/weekend/free_report.html