週末起業コラム

時間をかけて育てるビジネスは週末起業向き!

(登場人物:◆ネタ泉湧夫隊長、◇二足ハジメ隊員)

◆◆◆ 今号のポイント ◆◆◆


週末起業家には時間的制約があると考えられていますが、別の観点でみると、週末起業家には時間的制約がありません。
独立起業家の方が、実は「時間との戦い」を強いられたりします。

(前号までのあらすじ)


週末起業と独立起業の最も大きな違いは、自分の生活費を負担するかしないかだと説くネタ泉隊長。
その負担の必要がない週末起業のメリットを活かせば、週末起業だからこそ可能となる起業ネタも存在するという。

時間をかけて育てるビジネスは週末起業向き!


◇週末起業というのは、時間的な制約がありますから、独立起業と比べれば、不利といえば不利ですよね?

◆そういう面もある。

◇でも、「週末起業だからこそ可能となる」ということは、独立起業よりも週末起業の方が有利、ということですよね?

◆そのとおりじゃ。

◇う~ん、本当ですか? 信じにくいですけど・・・。

◆よいか、ハジメ隊員。週末起業には時間的な制約があると言っておるが、それは事実ではない。

◇え? それは要するに、ビジネスオーナーになることで、時間的制約を克服する、ということですよね?

◆それだけではない。というか、全く別の意味で、時間的な制約がないのが週末起業じゃ。

◇・・・。何のことやら、さっぱりわかりません。

◆前回の話を思い出すことじゃ。週末起業の場合、生活費の心配をする必要がない。それは週末起業のメリットじゃ。

◇それは、お金のことですよね。でも、時間となると・・。

◆「時は金なり」じゃよ。

◇あ、そうか! 独立起業の場合、生活費が必要になるから、赤字が続くと手持ち資金がなくなれば、終わりですよね!

◆週末起業の場合はどうじゃ?

◇とりあえず、運営経費さえ賄えれば、タダ働きを覚悟すれば、いつまでも続けられますね!

◆そうじゃよ。人件費の負担は、非常に大きいからのう。独立起業の場合、資金の枯渇をいかに回避するかは、まさに時間との戦いになる。

◇なるほど! そういう意味で、時間の制約がないというわけですね!

◆ようやく、わかったか。

◇でも隊長、時間の制約がないということと、「週末起業だからこそ可能となる」ビジネスが、どうにも結びつかないのですが?

◆では、説明してやるか。簡単に言えば、採算に乗るまでに時間がかかるビジネス、時間をかけて育てていく必要があるビジネスは、週末起業だからこそ、可能になるのじゃよ。

◇たとえば、どんなビジネスですか?

◆たとえば、ポータルサイトなどは、そうじゃな。コンテンツが充実し、認知度が高まり、SEO対策効果も現れている状態になるまでには、それなりに時間がかかる。独立できるほどのビジネスにするとなると、なおさらじゃ。

◇もし、会社を辞めて、さぁ今からポータルサイトをつくり始めるぞ!だと、相当の蓄えがないと、生活できませんね。

◆そういうことじゃ。それにな、社会的な意義も大きいぞ。つまりじゃな・・・

(次号へつづく)

『ポータルサイト起業実践講座』
※詳細&お申込み → http://www.shumatsu.net/school/portalsite.html