週末起業コラム

週末起業だからこそ可能となるビジネスとは?

(登場人物:◆ネタ泉湧夫隊長、◇二足ハジメ隊員)

◆◆◆ 今号のポイント ◆◆◆


週末起業というと、独立起業のミニチュア版のように考えられがちですが、両者の違いは非常に大きいです。
また、週末起業では、独立起業にはないメリットがあり、それを最大限に生かしてビジネスを展開することも可能です。

(前号までのあらすじ)


週末起業であっても、ビジネスである以上、それを運営するのは「経営」だと説くネタ泉隊長。
さらに週末起業という、事業規模の小さいうちに、経営者感覚を養うことが大切だとも。

週末起業だからこそ可能となるビジネスとは?


◆週末起業という事業規模の小さいうちに、その意識・感覚をしっかりと育てておくことじゃ。それが希薄なまま独立なぞしたら、それこそ、大変なことになるぞ。実際、独立起業した者の多くは、3年もたずに廃業してしまう。

◇3年、もたないんですか!?

◆そうじゃとも。世の中、厳しいものじゃ。

◇となると隊長、独立起業して、そのビジネスに専念しても難しいのなら、週末起業だと、なおさら難しいのではないでしょうか?

◆ふ~。ハジメ隊員、まだそんなことを言っておるのか。お前、今までのわしの話を、ちゃんと聞いておったのか?

◇いや、その、聞いたつもりではいましたが・・。

◆独立起業して「もたない」のは、売上で入って来るお金と比べて、出て行くお金の方が多くなってしまうからじゃ。

◇はい、それは当然ですね。

◆その点で、独立起業と週末起業との大きな違いは、何か、わかるかのう?

◇「お金をかけず」に起業するのが週末起業ですよね。ですから、週末起業の場合、出て行くお金が少ないのでは?

◆そうじゃのう。しかし、週末起業での「出て行くお金が少ない」の意味を、お前はきちんと理解しておるのかのう?

◇もちろんです。インターネットを使えば、かなり少額で起業できますよね、週末起業なら。

◆独立起業でも、インターネットを使うぞ。週末起業と比べ、決してムダ遣いするわけではない。やっぱり、わかっておらんのう。

◇えぇ? どういうことでしょう?

◆独立起業と週末起業の最大の違いは、自分の給料という費用をカバーする必要があるか、ないかということじゃよ。

◇なるほど。

◆この費用が大きい。独立起業してもたなくなるのは、結局のところ、自分の給料が払えなくなるからじゃ。

◇生活できなくなってしまえば、断念せざるを得ませんね。

◆そうじゃろう。一方、週末起業の場合、生活費は勤務先の給料でカバーできる。その負担がないから、独立起業より、週末起業の方が、実は長く続けることができる。

◇そうか~!

◆この「長く続けることができる」ことのメリットがあってこその起業ネタというのもあるぞ。

◇どういうことでしょう?

◆つまり、週末起業だからこそ可能となる起業ネタもある、ということじゃよ。

◇ど、どういうことでしょう?!

(次号へつづく)

※週末起業に適したビジネスとしてイチ押しが「コンサルタント」

『サラリーマン・OLのための「好きなこと」×「週末コンサル起業」セミナー』
※詳細&お申込み → http://www.shumatsu.net/school/fukugyo_consul.html